3月10日 ≪どぶろく≫の紹介です 新宿しゃぶしゃぶ酒蔵紀州屋は休業中です

3月10日 ≪どぶろく≫の紹介です 新宿しゃぶしゃぶ酒蔵紀州屋は休業中です

「どぶろく」は飛鳥・奈良時代ころから、
主にコメの豊作を祈願するため神に捧げてきた
聖なる液体で、多くの農民が各家庭で造って飲んでいた
酒です。
1899年(明治32)年
自家醸造が 禁止となり、現在はどぶろく醸造免許
が必要となっています
2002年(平成14)年
地域活性化を目指し、特区内の農家が自家産米でどぶろく
(または果実酒)を製造し、自ら経営する民宿やレストランでの
提供を条件に酒造免許の取得が可能となりました
「どぶろく特区」は2017年(平成29年)5月認定分で158件あります

和歌山県では岩出市が特区認定を受けています

和歌山県のどぶろく特区

どぶろくの販売は無いようですが
甘酒の販売はしているようです

岩出の甘酒はこちらから

(甘酒は炊いた米や米麹に久保を加え発酵させてアルコールを作り出す前に
発酵を止めたものです)

「炊いた米に米麹や酒粕などの酵母を加えて発酵させたもの」でしたよね

この発酵をアルコールを作り出す前の段階で止めたものが甘酒。

【新宿駅西口徒歩1分の和食居酒屋】
新宿しゃぶしゃぶ酒蔵紀州屋
和歌山・三重の食材を使用した逸品料理
鮮魚や絶品しゃぶしゃぶ、和牛鍋などが楽しめるお店
料理に合う日本酒や焼酎は圧巻の品揃え
都会の喧騒を忘れさせる落ち着いた雰囲気の店内で
旬の食材をご堪能ください

GoToEat東京&トラベル対象店

1月16日(土曜日) より
当面の間 営業を自粛させていただく事となりました
営業再開につきましては 決まり次第ご報告させていただきます

グルメサイトのご案内