新宿しゃぶしゃぶ酒蔵紀州屋 日本酒の話 火入れ


品質の安定や保存性を高める事を目的に火入れは行われます
1回目は濾過の後、タンクまたは瓶詰で60~65℃で10分ほど
日本酒内の酵素の働きを止めるために行います
2回目は瓶詰の直前に行われます
一般的な日本酒は2回火入れを行います

「生酒」は火入れを行なわない為、新鮮な味わいや香りを楽しめますが
品質が変化しやすく、保存管理に注意が必要になります

「生貯蔵酒」は出荷前に一度だけ火入れ(2回目)を行います
生酒に似た新鮮な味わいを楽しめます

「生詰め酒」は貯蔵前に一度(1回目)火入れを行います
秋限定の「冷おろし」などによく用いられます

火入れをするかしないか、いつ火入れをするかで、風味や味わい管理方法が
変わってきます

今宵も
うまい肴とうまい酒
沢山ご用意してお待ちしております
====================
酒蔵 紀州屋
新宿西口/南口から徒歩1分。
紀州の旨い魚と料理を楽しめる和食居酒屋。
紀州の鮮魚としゃぶしゃぶ、地酒の老舗居酒屋
≪おかげさまで新宿に店を構えて40年以上≫

都会の喧騒を忘れさせる落ち着いた雰囲気の店内で
旬の食材をご堪能ください

#和歌山の酒 #岩清水豚 #しゃぶしゃぶ
#酒蔵紀州屋 #岩清水豚#和牛ロース
#日本酒好きと繋がりたい
#海鮮 #新宿ディナー
#新宿和食 #喫煙可能
#GOTOEAT紙クーポン #GOTO東京アナログ券
#GOTOEAT電子クーポン #GOTO東京デジタル券
#gotoクーポン #goto東京