南蛮漬け

室町時代から江戸時代にかけて
スペインやポルトガルなどの国を
「南蛮」と呼んでいました。
南蛮と呼ばれた国々には
「タパス」という
挙げた小魚を酢漬けにした料理があります。
この料理が、南蛮貿易によって日本に伝えられ
「南蛮漬け」という名前が付いたそうです。

紀州屋では、定食の小鉢に「南蛮漬け」
が付く日があります。

美味しさの存在感は抜群です。

塩・酢・料理人こだわりの鰹と昆布の出汁
総業250年の老舗「辻岡醸造」のしょうゆ
で作った南蛮酢に
カタクリ粉をまぶして揚げた
和歌山県直送の、
天然のひらめ・真鯛・ハマチなど
を漬け込みました。
漬け合わせは、夏野菜の代表
ゴーヤーやズッキーニです。
さっぱりレモンで仕上げています。


貴重なランチタイム

皆様の午後の活力の助けに成ります様に
心を込めてお作りしています。

㈱辻岡醸造

http://www.tsujiokajozo.jp/profile/index.html