≪おかげさまで新宿に店を構えて40年以上≫ 紀州の鮮魚としゃぶしゃぶ 新宿酒蔵紀州屋 2021年1月29日  今日の話【知ってほしい和歌山の食材 紀州和華牛】


≪おかげさまで新宿に店を構えて40年以上≫
紀州の鮮魚としゃぶしゃぶ 新宿酒蔵紀州屋
2021年1月29日
今日の話【知ってほしい和歌山の食材 紀州和華牛】

今日ご紹介するのは ≪紀州和華牛≫ きしゅうわかうし

2019年3年間の研究の末誕生した
和歌山県産黒毛和牛の新しいブランドです
「脂肪が控えめ」なのが特徴、みかんジュースや・油の絞りかすなど
和歌山県の名産品が製造される際の副産物を食べて育ちます。
この飼料が、脂肪交雑(サシ)を抑え赤身肉になるエコフィードとなります

エコフィードって何?

「黒毛和牛」は、遺伝的に筋肉繊維の間に脂肪細胞が入りやすいのですが、この飼料を与えることで、脂肪は約1割減、ビタミンEの含有量は1.7倍に。肉質は柔らかく、脂肪分が少ない分あっさり食べられます」(和歌山県農林水産部畜産課の楠川翔悟さん)

紀州和華牛の認定基準
和歌山県内で肥育された黒毛和牛 (出荷月齢24カ月以上)
県産副産物を1割以上利用した飼料 で飼育(肥育開始から10カ月以上)
ビタミン制限を行わず飼育
肉質等級2、3、4に限る
となります。

紀州和華牛協議会

さらに品質を維持するため
紀州和華牛協議会に加盟している小売店・飲食店が
エコマネジメントに肥育牛を預ける形で飼養
適齢を迎えた紀州和華牛を食肉卸の「ミートファクトリー」が買い取り
小売店・飲食店にそれぞれ必要な部位を卸すという仕組みをとっています

紀州屋では
紀州和華牛ロース(A3等級以上)を使用したつゆしゃぶ
をご用意しています

グルメサイト

1月16日(土曜日) より

当面の間 営業を自粛させていただく事となりました

営業再開につきましては 決まり次第ご報告させていただきます

2人様コース